2016年6月10日金曜日

小さな親切

 本日(6/10)、地域に住むある女性から電話がありました。

 電話の内容は、「二日ほど前に、ある商業施設の駐車場で大きな荷物を積んだカートをひっくり返してしまったところ、自転車で通りかかった花南の女子生徒二人に助けていただき大変感動しました。」とのことでした。
 「あのような咄嗟の判断ができること。やさしさを持って人のために行動できることは、日頃の生活の中で培われているからできることだと思う。助けて頂いたことは、もちろんのこと、その日頃の心がけにも感動しました」と話を続けられました。

 
 いつかの校長先生の講話を思い出します。「…良識のある行動のできる花南生であって欲しい…」。

 花南生は、自然体で確実に実践しています!!


気持ちのいい空です!